フォト
無料ブログはココログ
foresight

« 他の業種に学ぶ | トップページ | 自分を信じる »

2008年12月18日 (木)

キャッチコピーのすごさ

以前、地元の新聞の折込チラシをたまたま見ていたときに、

「おかあさんね。。。。 おとうさんをお風呂に入れてあげたかったの。。。」

というようなキャッチコピーが書いてあって亡くなった方の側でうつむいている女性を

ぼんやりと表現したものがありました。葬祭業者の広告だったのですが、

わたしは思わず涙があふれ出ました。かなり泣きました。

私も祖父や叔父、叔母などをこの15年の間に立て続けにお別れした経験があったので、その気持ちが痛いほどわかり、そのときの悲しみが胸にこみあげてきて我慢できませんでした。

しばらく思い出し泣きしたあとに、このコピーのすごさを実感しました。

一言で感情移入させ、その情景を思い出させる、力のあるコピー!すごいですよね?

こんなコピーなかなか書けません。こんなコピーを思いつくってのは相当な人なんだろうなと思いますが、案外そうでもなかったりします。

キャッチコピーはその商品やサービスを端的に表現するものもありますが、今のようなコピーは連想ゲームのような次につながる言葉や名称を元にブレインマッピングしていくと、いいものが見つかったりします。

ブレインマッピングとは頭の中に思い浮かぶものを全部どんどん紙に書いていって、頭の中が空っぽになるまで書き続け、そこに関連性のあるキーワードをグループ化していったり、優先順位をつけていくことにより問題点の整理に役立ったりします。もう少し詳しいことはまた今度書きます。

« 他の業種に学ぶ | トップページ | 自分を信じる »

起業・創業」カテゴリの記事